そばかすができる原因

そばかすができる時期によって2種類に分けられる

そもそもそばかすとは、正式名称では雀卵斑(じゃくらんはん)と言い、通常のシミより小さな茶色の細かい斑点で、鼻の周りや頬に出やすいのが特徴とされています。
そばかすには子供の頃にできるものと、大人になってからできるものの2種類あり、それぞれ原因が異なると考えられています。子供の頃にできるそばかすの原因は、両親からの遺伝によるものがほとんどです。そばかす自体というよりは、そばかすを作りやすい皮膚の体質が遺伝すると考えられています。大人になってからできるそばかすの原因は、主に日焼けや生活習慣と考えられています。この他にも、間違ったスキンケアや女性ホルモンの変化、過労やストレスなども原因の一つと考えられています。

日頃からできるそばかす対策

そばかすの対策で最も重要なのが紫外線対策です。肌が紫外線を浴びることで、そばかすのもととなるメラニン色素が多く生成され、生成されたメラニン色素の排出が間に合わなくなり、蓄積されてそばかすになってしまうと考えられているからです。紫外線対策は、UVカットのクリームを塗る、長袖を着たり日傘をさすなどして直接紫外線を浴びる機会を極力減らす、サングラスをするなどが挙げられます。この他のそばかす対策として、食生活の見直し(特にビタミンの摂取)、スキンケア方法の見直し、なるべくストレスをためないような生活、自分なりのストレス発散法の確立、日頃から規則正しい生活を心がけて睡眠時間を十分に確保するなどが挙げられます。