外用薬を使用する場合

外用薬を使用する前に医療機関へGO!

そばかすを外用薬で治療する前に、皮膚科医や美容皮膚科医に相談しましょう。そばかすの種類によってはレーザー治療のほうが治りが早い場合や、外用薬では対応できない種類となる場合もあるからです。一般的に外用薬、つまり塗り薬はビタミンCやハイドロキノン、トレチノインと呼ばれるものが大半です。基本的に塗り薬だけの治療ではなく、飲み薬と一緒に使うことで効果を実感しやすくなるといわれています。そのため、医師の処方でも外用・内服薬と一緒に出されることが多いでしょう。大掛かりな治療をしなくてもよく、毎日自宅で医師の指導の通りに塗り続けることでケアできるのが、治療方法です。長期間塗り続けることによって効果を発揮するため、定期的に医療機関に出かける必要はありますが、徐々に治っていくことを医療関係者に確認してもらえるのがメリットです。

治療は必ず受けてリスクを減らす

そばかすのように見えて、そばかすではない場合もあるため、必ず確認することが重要とされています。悪性の場合には即刻専門的な治療が必要となるからです。最悪の場合死亡するリスクもあるため、早めに治療を受けることが鍵といえるでしょう。治療を行う前に必ず医療関係者を受診するべきというのは、そばかすのように見えて皮膚がんである可能性も捨てきれないからです。一見すると普通のほくろやそばかすのように見える物が、実はガンだったということは珍しくありません。そのため、正確に治療を受けることが重要といわれています。良性のそばかすだった場合、通常の治療で問題ありませんが、万が一のリスクを考えて受診が望ましいといえるでしょう。