それでも効果がなかったら…美容皮膚科で治療を受ける場合

美容医療の最新機器で積極的に治療する

自己治療で思うような効果が出なかった場合、美容皮膚科に頼るのも一つの方法です。
美容皮膚科では最新の機器を使った治療を行っています。特にそばかすの治療に効果があるとされているのはレーザー治療とフォトフェイシャルです。
レーザー治療では、弱いレーザーを当てることでメラニンを分解、排出していきます。広範囲に照射することができるので、顔中に散らばったそばかすの治療も可能です。少しずつ分解していくので何度か通う必要がありますが、痛みやダウンタイムが非常に少ないのが大きなメリットです。
フォトフェイシャルは肌の代謝を促すもので、沈着したメラニン色素を肌表面へと押し上げ、やがて垢として排出させます。コラーゲンの生成を促す効果もあるため、肌のハリも同時に得ることができます。

異なる効果を持つ2つの薬品を併用するのも効果的

美容皮膚科では外用薬を用いたそばかす治療も行っています。使用される薬にはハイドロキノンとトレチノインがあります。
ハイドロキノンには、メラニンの生成を抑えると同時に、メラニンの元となる細胞「メラノサイト」を減らしていく働きがあります。さらに、すでにできてしまったそばかすを薄くする作用もあり、肌の漂白剤と呼ばれるほど効果の高いものです。
トレチノインはビタミンAの一種で、古い角質を取り除き肌の新陳代謝を高める働きのある薬です。そばかすはもちろんしみやしわ、ニキビの改善にも役立ちます。
ハイドロキノンとトレチノインにはこのように別々の機能があり、同時に使用することでメラニンの生成を抑えながら肌の生まれ変わりを促進し、高い効果を得ることができます。