シミとはどう違うの?

そばかすは先天的でシミは後天的なもの

そばかすは遺伝的な要素が強いため、シミと違って日頃のスキンケアで症状の発生を防ぐのは難しいものです。シミは紫外線を大量に浴びたり、加齢によって肌の機能が低下すると出来やすくなります。シミは後天的な症状なので、日頃のスキンケアで予防できるのがポイントです。そばかすとシミは別物ではなく、シミの一種にそばかすがあると捉えておけば問題ありません。そばかすは先天的な症状なので、小さいうちからできる場合もあります。紫外線を浴びると濃くなりやすいのも特徴です。思春期にできるそばかすは、自然と消えることも多いです。シミとそばかすの違いを知ることで、それぞれの対策も立てやすくなります。しっかり覚えておきましょう。

なるべく紫外線を浴びないようにする

そばかすは肌にできる茶色の斑点で、鼻や左右の頬に多く現れます。胸元や首など、普段から紫外線を浴びやすい部分にもできるのが特徴です。現れるのは幼少期からで、思春期にかけて段々濃くなっていきます。加齢に伴って薄くなっていくこともあり、ストレスや女性ホルモンの変化も関係してくるものです。睡眠不足はそばかすを悪化させるため、規則正しい生活を送るのが有効な対策になります。なるべく紫外線を浴びないようにすることも大事です。日傘や帽子、長袖の衣服を着用すれば、紫外線が直接皮膚に当たるのも防げます。そばかすが出来てしまったときは、美白成分の入った化粧品を使うのもおすすめです。自分の肌に合うものを探してみて下さい。